MENU

「個別指導」or「集団指導」or「家庭教師」+「時間」= 成績UP

小学校低学年は遊びから勉強への移行の時期です。特に算数は一番苦手意識を持ってしまうとなかなか消すことができない科目です。今が勉強嫌いになるかの別れ道です。

例えば、算数・数学には解法手順が存在しますが、数学の苦手な生徒は何が何だかわからなくなってしまいます。そのわからなくなった解法手順を学校の集団で聞いて理解できなかった生徒が、集団塾で聞いて理解できるでしょうか?また、わからなかった箇所を問題と考え、自宅学習で補えなかった生徒が、独学で学ぶことで理解できるでしょうか?

集団塾とは

ある一定のレベルの生徒を集め授業を行うことをするため、集団塾の授業はどんどん進んでいきます。その集団に入るレベルは自分の努力と自力で参考書などを使い理解できる能力が必要です。学校の授業で目と耳を使い解法手順を順に説明されてわからなかった勉強を、自分自身で理解できる生徒は集団塾が一番適しています。

個別指導とは

「その生徒のレベルにあった箇所を人が教えることで可能」としています。

毎日学校で勉強をしていると、理解できない箇所は生徒それぞれ違います。学校の授業がどんどん先に進んでいしまい、気がついてた時にはそれを取り戻すため、かなり前に遡って勉強をしなければなりません。その学習を一人で短時間でこなすことはほぼ不可能です。また、暗記しなければならない勉強は毎日少しづつ繰り返されることにより記憶に定着します。1回では忘れてしまうのです。「わからないところは教えてもらい」、「勉強の習慣をみにつける」このことが非常に大切です。当塾は自信をつけさせやる気を出させることに重点を置いています。

家庭教師とは

すべての科目に対してオールマイティーに教えることができる能力を持っている講師がいればよいのですが、中学・高校と勉強が高度になればなるほどそのような講師はなかなか存在しません。講師にも専門分野があり得意科目を持っているのが現状です。個別指導はその専門分野の講師をレベルに合わせてマッチングさせることができます。

学習強化をするタイミング

最後になりましたが、ここで一番重要なことをお話しします。素晴らしく優秀な家庭教師や塾が生徒さんについたとしても、成績が上がることは現状ありません。一番必要なことは「時間」です。

時間をどれだけかけたか勉強する時間をどれだけ確保できたかそれが最終的には大きなポイントとなります。

それゆえに塾に入るタイミングはとても重要になります。

毎年、3年生が8月から入塾する生徒がおります。受験の12月まで残り5ヶ月で1年生からの勉強を始めなければならない生徒存在し、この短い受験までの間に成績を上げるのは絶対に無理なことです。

では塾に通うタイミングはいつでしょうか?それは勉強がわからなくなる前に手を打たなければならないということです。一人に与えられた時間は1日=24時間は全ての生徒に平等なのです。

これは、遅くなればなるほど「時間」と「労力」と「費用」が大きくかかることになります。「時間」が足りず勉強進度が中途半端になり、本人のモチベーションがさがり、結果的に費用だけがかかってしまう事になります。つまずきの芽を早期に見つけ、本当の基礎力をつけることが、その後の学習すべてに影響し、追い込み学習が可能となります。その基礎の学力を身につけるには「時間」が必要だということを考慮し、早期に勉強を始めることが大切です。

完全個別授業のDr.関塾では、生徒一人ひとりにあった指導を実践し学習の楽しさを教え、将来その児童の可能性を広げるために指導しています。