北辰テスト対策

もうすぐ中間テストが終わりますが、11月5日にはすぐに北辰テストがあります。埼玉の学校については北辰テストの成績が自分を売り込むために非常に重要視されています。

行き詰まったとき、5教科の平均点を上げるには何を勉強するのがよいかを考えてみます。

数学、英語は積み重ねが非常に大切な教科です。2週間勉強したからといってすぐに点数に結びつくとは考えずらいと思います。また、高得点をとっている生徒さんはさらに高得点をあげるには難易度の難しい問題を解く必要があります。難易度の難しい問題を解くより簡単な問題の正解を多く回答し得点を結びつける方が効率がよいと思いませんか?

そこであえて、苦手な教科を勉強すべきだと思います。

また、英語・数学上記にも書いたとおり積み重ねなのでやらなくてもいいとはいいませんが、ここではそれ以外の教科で何とか平均得点に結びつくことを考えます。考えられる教科は残りの国語・理科・社会ですが国語は漢字の読み・書き・意味・熟語・単語などを重点的に覚えましょう。暗記物は必ず繰り返しやることが必要です。一度覚えたと思っていても忘れます。覚えられないと思っても毎日繰り返しやることにより少しずつ記憶できます。

あと一つ、理科が苦手な生徒は理科の単元を一つでも学習するようにします。なぜなら理科は単元が細かく細分化されている教科なので積み重ねがほとんどありません。一つのブロックを覚えればそれだけ出題されたとき点数に結びつくことが多いのです。

理科は暗記をする教科に近いのですが、「理由」や「理屈」で覚えられる教科でもあるため、なぜこうなるのかの理論がわかれば暗記をしやすい教科でもあります。

理科の点数がとれていない生徒は少し勉強すれば、すぐに20点UPの可能性の教科でもあるのです。