新年あけましておめでとうございます

風邪の原因

新年あけましておめでとうございます。

さて、年も明けるとすぐに受験本番になります。

勉強の追い込みも大切ならが、当日体調が悪くては今までのことがなにもなりません。風邪をひくのは運の問題ではないことを自覚し自ら予防対策をして最後まで頑張りましょう。

体調管理で注意事項

<ウイルスが多い>

ウイルスが繁殖しやすい条件が整っているので大変ウイルスが活動しやすい時期です。部屋の湿度をたもち、手を洗いをアルコール消毒するなどをしウイルスを死滅させ数をへらすようにましょう。※関塾越谷下間久里校でも定期的に机をアルコール消毒するなどをしています。

<ウイルスが体に入りやすい>

人の器官にはウイルスの侵入を防ぐ役割があります。しかし、その粘膜は寒さや乾燥に弱い為、この時期は働きが鈍くなります。部屋の湿度を保ち器官の機能が働くよう加湿器などを使いましょう。

<受験ストレスによる免疫力の低下>

ストレスは20~30%の免疫を落とすと言われています。
体内には「ナチュラルキラー細胞」というリンパ球がウイルスと戦うため存在するですが、ストレスに弱いという性質を持っているため、ストレスの状態の受験生は、風邪にかかりやすい状態になっています。ストレス解消には軽い運動や勉強をする時としない時のメリハリをつけ緊張を開放するスケジュールが大切です。また、睡眠をしっかりとらないとほぼ翌日には免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。風邪にかかると熱が出て体を休めなくてはならずその間に勉強することができなくなります。さらに勉強ができなかったことによる不安につながり、当日本番に実力が発揮できなくなる確率が高くなります。このように徹夜での勉強は勉強にとって非効率な勉強となるため避けるべきです。